鎖骨下静脈狭窄

左鎖骨下静脈に高度狭窄を認める。
血液が戻りにくく腕には浮腫が生じていました。
バルーン拡張。
最終造影。
良好な拡張が得られました。バルーンのみだと再狭窄が生じることがあり、経過観察が必要となります。