下肢動脈狭窄

右大腿部の病変です。
びまん性の狭窄があり、その先は閉塞しています。
閉塞部の先は側副血行路(小さい血管のバイパス)で血流が維持されています。下の方に膝関節と膝窩動脈が見え、こちらは狭窄は認めません。
ワイヤー通過。
バルーンにて拡張。
閉塞・狭窄部の拡張がまだ不完全な状態です。
最終的には良好に拡張しました。
びまん性の狭窄部位もバルーンにて拡張。
造影所見。
バルーンのみで終わりたいところですが、拡張不良や解離、血栓などの所見があればステント留置が必要となります。
ステント留置後。
ステントの拡張不良のため、バルーンにて後拡張。
ステントの拡張が良好。
全体の造影所見。
ステント留置部位以外はバルーンのみなので、ぼこぼこしてますが、狭窄もなくなり経過観察としました。
ステント留置部位も特に問題ありません。
その他合併症もなく無事終了しました。