ステント内再狭窄(左前下行枝)

左冠動脈の左前下行枝にステントが留置されていますが、再検査にてステント内再狭窄を認めました。ステント自体は体にとって異物なので、それを取囲もうと膜が張ってきたり、ステント内腔にプラークが出現したりして血管内腔が細くなることがあります。
内腔が細くなり造影剤が欠けて見えます。
バルーンにて拡張。現在はバルーン表面に薬剤溶出性ステントに使われている薬剤が塗ってあるバルーンも使用できます(薬剤コーティッドバルーン:drug-coated balloons:DCB)。
拡張良好にて手技を終了しました。拡張が悪い場合はステントを使用することもあります。