左総腸骨動脈完全閉塞

左鼠径部からカテーテルを挿入し造影。
左総腸骨動脈が閉塞している。
左外腸骨動脈もびまん性狭窄を認める。
左下肢のカテーテルからワイヤーを通過させようとするも、石灰化も多く通過困難。
左上肢からもワイヤーを用い、両方向からアプローチしていく。最終的には堅めのワイヤーに交換し病変を通過することができた。
バルーンにて拡張。
血流が再開したが、拡張が不十分な状態。
ステント留置。
病変部はまだ拡張が不十分。
   
外腸骨動脈のびまん性狭窄部にもステント留置。
拡張不十分な部位が残存。
バルーンにて再度拡張。
まだ他の部位に比べると拡張していませんが、自己拡張型のステントのため長期的に拡張していくことも多く経過観察とします。無理に拡張すると血管を損傷することもあります。