狭心症

左前下行枝の中間部に高度狭窄を認めます。
ステント留置
最終造影。
高度な狭窄でしたが病変長が短く、側枝も絡まない単純病変であり、シンプルな手技でした。