急性心筋梗塞(右冠動脈)

急性心筋梗塞の症例です。右冠動脈近位部での完全閉塞を認めます。
ワイヤー通過後にバルーンにて拡張。また右冠動脈は心拍を司る部位を栄養しており、虚血で徐脈になることがあります。そのため治療前に鼠径部の静脈から一時的ペースメーカーを入れておくことがあります。
バルーン後の造影で高度の狭窄部位を認めます。この部分にプラークがあり、それが破綻(破ける)することで血栓が形成され閉塞してしまったと思われます。
血管内の超音波検査でびまん性のプラークを認めたため、長めのステントを留置。
拡張不良の部位には、ステント留置後さらにバルーンで拡張します。
最終造影。拡張良好にて手技を終了しました。